loading
読み込み中...

認可申請中
国際観光芸術専門職大学(仮称)

シンポジウムを7/28(日)に開催しました!

シンポジウムを7/28(日)に開催しました!

ラッセホール(神戸市中央区)で開催したシンポジウムは、高校教員をはじめ、高校生、教育に関心の高い一般の方140名に参加いただき、満席の会場は熱気に包まれました。

元文部科学副大臣の鈴木寛氏からは「2020年度大学入試改革における動向と求められる力」と題して基調講演をいただきました。「これからの時代は想定外のことに対応する力が求められ、新しくできるこの専門職大学ではそれが養われる。非常に期待している。」と語られました。

次に、学長候補者である平田オリザ氏が講演を行い、「観光と芸術を結びつけて考えられる人材をつくりたい。地域の観光政策、文化政策、芸術政策に責任を持つ大学になりたい。」との思いを語りました。

その後二人の対談において、引き続き本大学への期待が語られると、会場からは質疑もあり、参加者の当専門職大学に対する関心の高さがうかがえました。

イベント一覧に戻る
Page Top